腹筋で背中が痛いときの解決方法

目安時間:約 3分

筋トレラボのカワムラです。

腹筋で背中が痛い

私は腹筋をしているとき、背中がだんだんと痛くなってきます。だいたい20回を超えた辺りで背中、特に腰の辺りが熱い感じがしてじわっと痛みが起こり、それが増幅していき、終いには腹筋の限界より先に背中の痛みの限界がきて、終わってしまいます。

いわゆる腰痛や怪我のような痛みではなく、なんかこう、背中にじんわりと何かがたまっていくような、そんな痛みで、それは腹筋をやめたらすぐに治まっていき、4~5秒もすればなくなります。

筋トレを長年やっていますが、どうやっても痛みが起こらない方法が見つかりません。そこで、発想の転換をして、解決しました。

背中の痛みの解決方法

筋トレの目的は筋肉を追い込んで筋肉を付けることです。連続回数をこなすことではありません。連続でなくても、結果的に筋肉を追い込めば良いのです。

そこで、腹筋の途中で背中がある程度痛くなってきたら、少しインターバルを取ることにしました。インターバルと言ってもセット間インターバルのような長いものではなく、背中の焼けるような痛みが2~3割程度まで減るほんの数秒程度です。超ショートインターバルです。痛みが完全になくなるまで待つ必要はありません。数秒経って背中の痛みが2~3割程度になったら、またそのセットの続きを再開します。

するとそれまでの腹筋の追い込みを無駄にすることなく、腹筋の続きを行うことができます。その続きでまた背中が痛くなってきますが、また超ショートインターバルを入れて、腹筋を再開します。これを繰返すことで、結果的にその1セットで腹筋を追い込めます。

私の場合、このショートインターバルを1セット当たり2~3回入れることで、腹筋を追い込めます。

この方法で、少し余計な時間はかかりますが、目的である「腹筋を追い込む」ことは達成できます。しっかり腹筋を鍛えることができ、また、繰り返しているうちに背中に怪我を負うということもありません。

腹筋専用マニュアル「腹筋RED」のレビューは何点?→腹筋REDをレビュー!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ