負荷のかかり方

目安時間:約 1分

筋トレラボのカワムラです。

チューブの負荷のかかり方は、ダンベルやバーベルとやや異なります。ダンベル・バーベル・自重トレーニングにおいては、負荷が重力となるため、重さが常に一定です。このため、動き始めと止まるときに大きな力を必要とします。従い、このようなタイミングでは注意を払うことが必要です。

これに対しチューブは、チューブの伸縮力が負荷となるので、最初は負荷が軽く、伸びているときほど負荷が大きくなります。従い、動き始めや止まるときに大きな力を必要とせず、ダンベルのように注意を払う必要はありません。

この点により、安全性はチューブトレーニングの方に軍配が上がると言えます。

負荷のかかり方

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ