僧帽筋

目安時間:約 2分

筋トレラボのカワムラです。

首から肩にかけての筋肉、僧帽筋を鍛えるトレーニングです。以下のように行います。

僧帽筋 1 肩幅で立ちます。
2 両手でそれぞれチューブの両端を持ち、中央を両足で踏み固定します。
3 気を付けの姿勢で、両手を体の横に付けます。このとき、足と手の間のチューブはある程度ピンと張っているようにします。
ここで準備完了。
僧帽筋 4 肩をすくめるようにして両肩を上に上げます。
5 両肩を元の位置にゆっくりと戻します。
6 4~5を10回3セット繰り返します。

首~肩に効いていることを意識することが大切です。

チューブの強度が強かったり弱かったりしたら、適宜調整してください。調整方法は以下の通り。
・強度を強めるには、両足の間に余らせているチューブの量を多くして、足~手の間のチューブ強度を上げます。
・強度を弱めるには、両足の間に余らせているチューブの量を少なくして、足~手の間のチューブ強度を下げます。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ