ワンダーコアをさらにレビュー

目安時間:約 2分

筋トレラボのカワムラです。

ワンダーコアの注目度は高い

先日のワンダーコアのレビューには多くのアクセスが集まっています。やはり話題性のある筋トレ器具は、その効果を知りたいというニーズがあることが分かります。

ワンダーコアをさらにレビューしてみようと思います。

ワンダーコアのもう1つの欠点

ワンダーコア

ワンダーコアは、後ろに倒れたときのバネの反動を利用して起き上がる仕組みであることは前回説明しました。これなら器具なしで普通にクランチしても同じような効果が得られることも。

そしてよく考えるともう1つ、欠点がありました。

それは、「ネガティブが効かない。」

筋トレには筋肉を収縮するときの「アクティブ」と筋肉を戻すときの「ネガティブ」があります。

例えばアームカール。ダンベルを上げるときはアクティブで、下ろすときがネガティブです。このネガティブのとき、重力任せでダンベルをストンと落とすのではなく、しっかり重力を感じながらゆっくり下げる、これが筋肉を発達させる効率の良い方法です。

これをワンダーコアに当てはめると、ワンダーコアは後ろに倒れるとき、重力任せに倒れて、そのバネの反動を利用して起き上がります。

これだとちゃんと重力を感じながらゆっくり倒れることができません。ネガティブで腹筋に負荷をかけられないのです。しかも、筋トレはアクティブよりネガティブの刺激の方が筋肉発達には重要なので、なおさらです。

まとめ

「ワンダーコアはネガティブが効かない。」

ワンダーコアを使えば楽しく筋トレが続けられるというなら使用する価値はありますが、これを機会に筋トレをちゃんと始めようとか、なんとなくこれなら筋トレを続けられると言うなら、リサイクルショップ行きの確率が高いです。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ