日本人専用自宅トレーニングの感想と評価

目安時間:約 4分

筋トレラボのカワムラです。

日本人専用自宅トレーニング

概要

日本人と欧米人の体の違いから日本人に向いた筋トレを考案したとして、その方法が解説されています。理論編→実践編の構成で、本編131ページ+動画40分+特典76ページです。
日本人専用自宅トレーニング

感想

日本人は欧米人と比べて筋肉が付きにくいがそれは筋発達のホルモン量が少ないからで、ホルモンが出やすい筋トレをすることで筋肉を付けると言う方式です。しかし…

自重トレーニングだけ?

自宅とありますが、自重です。自分の体重を利用して行う筋トレだけです。筋肉を付けるためにホルモンが出やすい筋トレをすると言うのは分かりますが、なぜホルモンを出す筋トレとして自重筋トレだけを選んでいるのか不明です。ダンベル・バーベルで筋肉に自重以上の負荷を掛ければもっとホルモンが出るのは明らかです。せめてダンベルだけでも取り入れられていればより良いと思いました。

食事・休養は?

食事・休養は筋トレと同じくらい重要なのですが、食事と休養の情報量が非常に薄いです。本編ではなく特典レベルで解説されているのみです。その特典自体で食事は筋トレと同じくらい重要と言っているのに筋トレコンテンツより大幅に情報量が少なく、矛盾を感じます。

1日35分?

セールスページに1日35分とありますが、絶対無理です。教材で解説されている1日の筋トレメニューを実際にやりましたが、35分には絶対収まりません。1時間掛かりました。特に筋トレ初心者はフォームを確認しながらの実践なので1時間半~2時間は掛かると思います。無理に35分に収めようとするとそれは1レップ1秒の超マッハで可動域狭過ぎ、負荷抜けまくり、それはもはや筋トレではなく有酸素運動でしょう。

セールスページにあるプレゼントは?

セールスページに、
『今、買うと特別特典映像を2つプレゼント!
「歩きながら腹筋を鍛える?姿勢を変えると効果が上がる方法」(約5分)
「あらゆる腹筋運動を紹介する60分ビデオ」(ダウンロード版・通常は6480円でDVD販売)』
とありますが、購入後何日も経過しているのにまだ送られてきていません…。

総合評価

40点 イマイチ教材
自重筋トレしかない、食事・休養の情報量が少ないのに価格が19,800円と高過ぎるのが低評価の理由です。

日本人専用自宅トレーニングの評判を見てみると、良いと言う評価・評判が多いですが、それは買ってもらおう買ってもらうとしているか、他に良い教材があるのを知らずに良いと思い込んでいるためです。世に出ている筋トレDVD/教材の多くを知っていれば、全体的にどのようなものがあるか分かっていれば、日本人専用自宅トレーニングを「おすすめです!」なんて言えません。

自重筋トレとしては良い内容ですが、これをきちんとこなしていったとしても自重ではいずれ筋発達の限界が来て、結局他の筋トレDVD/教材を求めることになってしまいます。不足している食事・休養の情報も自分で調べて補わなければなりません。結局そうなるのに19,800円は高過ぎます。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ