北島達也のバルクアップメソッドの感想と評価

目安時間:約 3分

筋トレラボのカワムラです。

北島達也のバルクアップメソッドをレビューします。

北島達也のバルクアップメソッド
痩せ型の人が体を大きくするためのバルクアップ筋トレ法。

販売者

北島達也のバルクアップメソッド21997年~2004年を中心に活躍したボディービルダー、北島達也。特にボディービルの本場アメリカのカリフォルニアで活躍していたことが特長です。

自身が元々小柄であった体格を、アメリカに渡り筋トレでバルクアップさせることに成功し、その実績を元に多くのクライアントをバルクアップをさせる。筋トレの中でもバルクアップを得意としています。

教材感想

北島達也のバルクアップメソッド3内容はすべて動画です。非公開のYoutubeページで提供されています。

痩せ型の人の体を大きくする筋トレ教材として、内容は筋トレよりも食事に重点を置いています。なぜたくさん食べても太くならないのか?それはインスリンが足りないから、などの話で体を大きくする食事法の詳しい解説があります。これはきちんとした根拠で信用できるものです。

しかし、食事編に重点を置いている傾向が強すぎて、逆に筋トレコンテンツが少なくなっています。食事編7割、筋トレ編3割です。作者の北島達也さん本人は素晴らしいバルクアップボディーをしていますが、そのノウハウをうまく筋トレ教材に落とし込めていません。

また、教材の使い勝手に関しても、動画のみでPDFがないので、再確認したいところを探そうとしても早送り・戻しを繰り返して探さなければなりません。これは結構地味なストレスです。

なお、特典の「かかと重心からつま先重心へチェンジするメソッド」は特典と言うよりおまけ程度です。

マッスルキャンプとの比較

販売者の北島さんは、2010年に北島式マッスルキャンプも発売しています。それと比較すると、マッスルキャンプは筋トレをある程度網羅したコンテンツであるのに対して、こちらのバルクアップメソッドはよりバルクアップ食事法に特化されたものと言えます。

なのでこの2つのどちらかで迷っている場合、筋トレコンテンツを重視するならマッスルキャンプ、バルクアップ食事法を重視するならバルクアップメソッドを選ぶのが良いと言えます。

総合評価

60点 まあまあ教材
痩せ型の体を大きくするために食事が重要なのは正しい考えで、このバルクアップメソッドで解説している食事法はある程度使える方法なので、その点で一定の評価はできます。

しかしながら、筋トレ教材はその名のとおり筋トレに重点を置くのが良い教材なのに対して、このバルクアップメソッドは食事編に重点が行き過ぎていてバランスが悪いです。筋トレコンテンツが不足しています。そういう点が一番の減点理由です。

私は多数の筋トレDVD/教材を持っていますが、これなら同じ価格で他により良い教材を買えます。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ