食事の重要性を深く語る

目安時間:約 2分

筋トレラボのカワムラです。

食事の重要性を深く語ります。

筋トレだけではもったいない

ちゃんこ

筋トレをいくらやっても体が変わらない。こんな悩みを持っていませんか?もしあなたがこのような悩みを持っていればそれは筋トレではなく食事が原因である可能性が高いです。

筋トレをしてもそのあと適当に焼肉を食べたり、かつ丼を食べたりしていては、せっかくがんばってやったその筋トレのほとんどが無駄になってしまっています。

「俺筋トレしてるから食事は気にしなくて良い。」
これは間違った認識です。

解決方法

栄養と考えるとタンパク質が1日に何グラムだとか難しく考えがちですが、まずは2つ心がけるだけで良いです。
・1日3食ちゃんと食べる。
・高タンパク低脂肪。

タンパク質が何グラムだとか1日何キロカロリーだとか細かい計算はその後でいいです。豆腐や豆類を多く摂るとか、肉はなるべく鶏肉を選ぶだとか、食事と食事の間にプロテインを飲むだとか、油ものは避けるだとか、簡単なことからで良いです。これだけで筋トレの効果を十分引き出せます。

食事はどれだけ重要か?

農林水産省が推奨している、朝ごはんを食べようとか、食事バランスガイドに沿った食事にしようとか、こういう国民一般的に推奨されていることが実はとても大切です。

こういう基本的なことができていないのにやれ筋トレやなんやのやっても効率が悪いだけで、苦労している割には体はなかなか変わってくれません。何度も言うようですが、こういうことは筋トレと同じくらい大事です。

1日3食ちゃんと食べる=筋トレ1日分
高たんぱく低脂肪=良質な筋トレ1日分

食事の価値はこれほどあります。同じ筋トレでも食事を変えれば必ず変わります。「必ず」です。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ