スクワットはどこまで沈み込めば良いか?

目安時間:約 1分

筋トレラボのカワムラです。

スクワットは筋トレの王様。なるべく効率良くやりたいものです。

スクワットはどこまで沈み込めば良いの?

スクワット スクワット

筋トレを効率化する方法の1つに、「筋肉の伸縮を最大限にする」があります。これは、筋肉に負荷をかけているときの筋肉の伸び縮みをなるべく大きくする方が筋肉が壊れるためです。

筋肉がより大きく壊れる→超回復がより効率良く働く→筋肉がより大きくなる。

と言うことです。

沈められるだけ沈める

筋肉の伸縮を最大限にした方が良いことから、スクワットでは

沈められるだけ沈める方が良い

です。

少なくとも太ももが床と並行になるまで。余裕があればそれよりも深く、です。

しかし深く沈むほど体への負担も大きいので、少しずつ慣らしながら行い、ケガしないようにしましょう。今回はここまで、次の週は先週より気持ち深く、と少しずつ深くしていくと感覚がつかめてきます。

タグ:

カテゴリ:筋トレ  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ