RM

目安時間:約 2分

筋トレラボのカワムラです。

負荷と回数の関係

筋トレと言うのは、重い負荷を持ち上げること。これを繰り返し行うわけです。筋トレの基本は、10回3セットです。ちょうど連続で10回持ち上げられる重さを、インターバルをはさんで3セット行います。

これ、考えてみれば、それより軽い負荷であれば10回以上持ち上げられるし、重い負荷であれば10回未満になってしまいます。軽いほど回数を多くこなせ、重いほど回数が少なくなるわけですね。

RM

トレーニング用語でRMがあります。これは負荷の強度を意味します。例えば10RMと言うと、10回まで持ち上げられる、11回目は無理、と言う負荷・重さを意味します。テンアールエムと読みます。そして、1RMなら1回しか上げられない、2回目は無理、と言うことです。

10RMで10回3セットなどと言う言い方をします。これは、10RMの重さを10回行い、それをインターバルを挟んで3セット行うことを言います。また、例えばスクワットMAX 120kgなら、このMAXは1RMと同じ意味になります。

「RM」。筋トレでは、専門用語です。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ