筋トレは重さよりフォーム

目安時間:約 2分

筋トレラボのカワムラです。

筋トレをしていて、上げられる負荷が増えるとうれしいですよね。自分の筋肉が増えたってことです。

ただしこれは、正しいフォームで、ってことなんです。ここ、気をつけるところです。フォームをごまかしたり、反動を使ったり、可動域を狭めたりすると、より重い負荷を上げられます。これに気づかず負荷を上げたりすると、自分の筋肉が増えたという"錯覚"が起こります。

ベンチプレスでプレートを何枚も付けてる人をみると、お!と思いますが、いざ始めるとちょっと上下に上げ下げするだけ。あらら・・(^^;と思ってしまいます。ベンチはバーベルシャフトがしっかり胸に付くまで下ろす、ゆっくり下ろす。そして、上げる。これが正しい方法です。

要は、筋肉をしっかり伸ばし、しっかり縮ませることです。この伸縮が大きいほど、筋トレの効果が高いのです。重いものを持ち上げるのが気持ち良いの分かります。私も昔はこの錯覚に陥っていましたが、筋トレの効果が悪いと分かってからはいったん重いほど良いという概念を捨てました。これも筋トレを成功した方法の1つです。

あなたも今一度自分の筋トレを見直すことで、筋トレの効果を上げられるでしょう。もし当てはまるなら、フォームを見直してください。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ