ベルト

目安時間:約 1分

筋トレラボのカワムラです。

筋トレにおいて、腰に負担のかかるメニューは、腰にトレーニングベルトを巻いた方が、腰痛などケガの防止になります。

ベルト

主な例では、スクワットデットリフトなどです。これらは腰に負担がかかります。

まず背中を丸めずに反らすのが安全な方法ですが、さらに腰にベルトを巻いてしっかり固定することで、ケガの防止になります。ポイントは、ぎりぎり苦しくない程度までしっかりと締めつけることです。

ジムのフリーウエイトのフロアには、だいたいベルトが設置、または貸し出ししているので、積極的に使いましょう。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ