対抗筋(拮抗筋)

目安時間:約 2分

筋トレラボのカワムラです。

「対抗筋」とは、体の部位で対抗し合う筋肉を言います。

関節を曲げて、伸びる筋肉に対して縮む筋肉のことを言います。例えば、腹筋に対して背筋、上腕二頭筋に対して上腕三頭筋と言うことです。

筋トレにおいては、この「対抗筋」が1つの重要な要素となります。体のバランスの話で、例えば腹筋ばかり鍛えて、対抗筋の背筋を鍛えずにいると、体全体としてのバランスが悪くなります。

また、弱い片方が強い他方について行けずに、筋肉のスムーズな動きを妨げてしまいます。なので、なるべく対抗筋も意識して筋トレするようにしましょう。

対抗筋について具体的に例を挙げると、
・腹筋 ⇔ 背筋
・上腕二頭筋(力こぶ) ⇔ 上腕三頭筋(力こぶの裏側。いわゆる二の腕)
・大腿筋(太ももの表側) ⇔ ハムストリングス(太ももの裏側)
と言った具合です。

対抗筋もきっちり意識して筋トレすることにより、バランスの取れた美しい筋肉になります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ