アームロックコラム

目安時間:約 2分

筋トレラボのカワムラです。

アームロック、武道系の方は腕がらみと呼びますね。こだわりのある方(?)だと「アームロックやない、腕がらみや」と言います。(^^)

ところでこのアームロックなど腕系の関節技について、防ぐ側はたいてい自分の腕を体に密着させておくと防げるわけですが、ブラジリアン柔術や柔道などの道着系と、総合やグラップリングなどの道着なし系ではちょっと事情が違ってきます。

道着ありなしの観点で、自分の腕を体に密着させる方法が変わってくるのです。自分の腕を体に密着させるにはまず脇を締めることが一番大切ですが、その次に手をどう使うかです。

道着なしだとクラッチが基本でしょう。しかし道着ありだと、自分の道着を握ることができます。なので、クラッチより滑りません。また、右手で左襟、左手で右襟を握る形で腕をクロスさせられる分、体への密着度が高いです。"この点では"、防ぐ側は道着がある方が有利です。

しかし同時に、相手に腕をつかまれたときに滑らないので、振りほどきにくい弱点もあります。道着なしだと手首をつかまれても汗で滑って結構簡単に振りほどけたりします。なので、ポイントによって有利不利が異なり、トータルでは道着ありなしでどちらが有利と言うのはありませんね。

V1アームロックで使う筋肉チキンウィングアームロックで使う筋肉も参考に。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ