ハイキックで使う筋肉

目安時間:約 1分

筋トレラボのカワムラです。

キックの花形技、ハイキック。決まったときのシーンが派手ですからね!

ハイキックを出すときに大切な筋力は、体幹の筋肉です。腹筋・背筋です。あとは、ハイキックなので股関節の柔軟性も重要です。直接相手にダメージを与える部分は脚ですが、そのエネルギーの基となるのが体のひねりなんです。体のひねりで大きな回転エネルギーを生み出し、そのエネルギーを脚に伝えて相手に当てる。こんなイメージです。

背筋を鍛えるには、デッドリフトバックエクステンション、腹筋を鍛えるにはシットアップレッグレイズがあります。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ