総合格闘技道場ではこんな練習をする。打撃編。

目安時間:約 3分

筋トレラボのカワムラです。

道場
総合格闘技道場ではどんな練習をしているのか、紹介します。私が通っている道場を例にしますが、おおよそは他の道場でも同じです

1回の練習時間は3時間。初めの1時間がテクニック練習で、残りの2時間はフリースパーリングです。総合の練習と言っても、たいていは打撃と組技に分かれます。何曜日は打撃、何曜日は組技の日と言った感じです。今回は打撃クラスの紹介です。

シャドー

まずはシャドー。数ラウンド行います。

初めはパンチだけ。ラウンドが進むに連れて、指導員から「このラウンドからキックも入れていってー」と指示が出ます。

対人シャドー

次は対人シャドー。二人一組で向かい合ってシャドーします。ぎりぎりパンチが届かない距離をとってお互いシャドーするのです。相手の動きに合わせてパンチを出したり、また相手のパンチをよけたり。

テクニック練習

指導員からその日のテクニックを教わります。内容は日替わりです。基本的なところでワンツーの出し方から、発展して相手の首を取っての膝蹴りなどです。それを二人一組で反復練習します。

ミット

ミット打ちです。これももちろん二人一組。片方がミットを持って、もう一人がそれを打ちます。

指導員からだいたいの指示がでます。まずはパンチだけとか、キックも入れてって、など。

首相撲

2人一組になって、首の取り合いです。首と背筋がかなり疲れます。1ラウンドごとにランダムに組を変えて、数ラウンド行います。

スパーリング

後半はずっとスパーリングです。タイマーがずっと回り続けるので、ラウンドの合間に「次、お願いします」などと適当に相手を見つけてやります。

基本的にフリースパーリングなので、打撃だけのスパー、寝技だけのスパー、総合のスパーを自由に決め合ってやります。

閉め

最後に全員で輪になって正座し、黙想したあと、指導員の話を聞いて、掃除して終わりです。終わったあとは自由です。着替えながら雑談したり、試合が近い人なんかは自主練したり。

だいたい着替えの途中、上半身裸でプロテイン飲んで、「それはどこのプロテイン?」とか怪しい風景です。(^^;

カテゴリ:コラム  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ