ヒールホールドのマニアな話

目安時間:約 2分

筋トレラボのカワムラです。

格闘技でも団体によっては禁止されるほど危険

ヒールホールド。足関の中でももっと危険な技です。

相手の片方の膝を自分の両膝ではさみ、相手のかかとを腕で抱え込みながらグイッと捻ります。相手のかかと=ヒールを抱えて極めるので「ヒールホールド」です。極まったら・・・、膝が「バキバキッ」と鳴ります。文字通り、「バキバキッ」です。なぜこんなはっきり言えるかと言うと、自分がやられたことがあるからです。

あまりに危険なので、各総合格闘技団体のアマ部門では禁止されていますし、プロでも団体によっては禁止されています。昔、某総合格闘技団体の大会でヒールホールドによるけが人が続出し、大会運営に支障が出たので禁止されたことがあります。ブラジリアン柔術では最高の黒帯であろうと禁止されてます。

内ヒールと外ヒール

ヒールホールドには、外ヒールと内ヒールがあります。

・外側からかかとを引っ掛けて内側に捻るパターンが外ヒール
・内側からかかとを引っ掛けて外側へ捻るパターンが内ヒール
です。

選手によってどちらが得意とか言うのもあります。掛ける側としては相手の踵の引っかかり感が気持ち良くて快感です。

カテゴリ:コラム  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイト一押しDVD/教材
管理人プロフィール
プロフィール

管理人:筋トレマスター カワムラ

長年の筋トレ経験で理想的な筋トレをマスターし、多数の指導経験を持つ。178cm、75kg、体脂肪9%。

詳しいプロフィールはこちら

カテゴリー

ページの先頭へ